2級自動車整備士 H22.3 過去問 詳しい解説


いま、2級整備士に向けて頑張っているあなたに、現役整備士として働いている私がわかりやすく過去問を解説しました!

登録試験H22.3~ エンジン編

今回はエンジンについて詳しく見ていきたいと思います!

 

1.

電子制御式燃料噴射装置に関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

 

(1)電圧制御式の高抵抗型インジェクタでは、寿命を長く保つために、抵抗の大きい導線を使用し、電流を小さくして発熱を防止している。

(2)電圧制御式のインジェクタは、噴射信号がONになると、電流が流れ始めてインジェクタが完全に駆動されるまでには、わずかに時間がかかる。

(3)吸気温度補正は、吸入空気温度による吸入空気密度の差から空燃比のずれが生じるため、吸気温センサからの信号により噴射量を補正する。

(4)Dジェトロニック方式の基本噴射時間は、エアフローメータで検出した吸入空気量と、クランク角センサにより検出した回転速度によって決定される。

 

【答え】

(4)

【解説】

電子制御式燃料噴射装置において、基本噴射時間を決定する演出式には、インレットマニホールド圧力によって計算された値とエンジン回転速度との相関で作られたマップを利用する「Dジェトロニック方式」エアフロメータで検出した吸入空気量とクランク角センサにより検出したエンジン回転数により演算する「Lジェトロニック方式」の二つがある。

Dはドイツ語の圧力:Druck

Lはドイツ語の空気:Luft

 

 

2.

過給機のルーツ式スーパーチャージャに関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

 

 

(1)エンジンのクランクプーリによりベルトを介して駆動される。

(2)ドリブンロータとドライブロータの回転方向は逆である。

(3)ロータ1回転につき1回の吸入・吐出が行われる。

(4)ロータは、まゆ型の断面をした中空のアルミニウム合金製である。

 

【答え】

(3)

【解説】

スーパーチャージャ(ルーツ式)はベルトを介してエンジンで駆動される過給機で、まゆ型をした二つのロータ(ドライブとドリブン)がそれぞれ逆方向で回転して吸入空気を送り出す。各ロータは1回転につき2回の吸入・吐出を行うので、全体としてロータ1回転につき4回の吸入・吐出が行われることになる。

 

スーパーチャージャ 仕組み

 

3.

オルタネータのステータコイルの結線方法について、スター(Y)結線とデルタ(三角)結線を比較したときの記述として、適切のものは次のうちどれか。

(1)スター結線の方が結線は複雑である。

(2)スター結線の方が最大出力電流は劣るが、低速特性に優れている。

(3)スター結線には中性点がない。

(4)スター結線の方が端子間の電圧(線電圧)は低い。

 

【答え】

(2)

【解説】

オルタネータのステータコイルのうち、スター結線は、①結線が簡単②最大出力電流は劣るが低速特性に優れている③中性点が利用できるなどの特徴があり、自動車用オルタネータとして広く採用されている。

 

スター結線 デルタ結線

 

今日はここまでです🙂