2級自動車整備士 H22.3 過去問 詳しい解説

いま、2級整備士に向けて頑張っているあなたに、現役整備士として働いている私がわかりやすく過去問を解説しました!
登録試験H22.3~ シャシ編


今回はシャシについて詳しく見ていきたいと思います!

 

1.

FR車のファイナルギヤおよびディファレンシャルに関する記述として、不適切なものは次のうちどれか。

(1)ファイナルギヤには、歯と歯の接触面積が大きく、強度の大きいスパイラルベベルギヤが用いられている。

(2)直進時には、ピニオンはディファレンシャルケースと共に公転する。

(3)ドライブピニオンの軸受けには、駆動時に大きなスラスト荷重が発生するので、つば付き半割り形プレーンベアリングが用いられている。

(4)リングギヤが500回転しているとき、右輪が550回転なら左輪は450回転である。

 

【答え】(3)

【解説】

駆動時にドライブピニオンに生じるスラスト荷重(軸方向の荷重)は、参考図あるテーパローラベアリングによって受ける。テーパローラベアリングは、回転方向と軸方向の荷重を受ける軸受けである。

 

ディファレンシャル

 

2.

前進4段の電子制御式A/Tのコントロールバルブの機能に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

(1)マニュアルバルブは、オイルポンプで発生する油圧を走行状態に応じた最適な油圧(ラインプレッシャ)に調整する。

(2)二つのシフトバルブを組み合わせることで、車速やスロットルバルブ開度の運転状態により、1速を除いた、2速から4まで自動変速させている。

(3)オーバーランクラッチコントロールバルブは、4速でブレーキバンド作動時にオーバーランクラッチが同時に作動しないように油路を切り替えている。

(4)プレッシャレギュレータバルブは、シフトレバーの動きに応じてラインプレッシャをクラッチなどに導き、各レンジの切り替えを行っている。

 

【答え】(3)

【解説】

(1)マニュアルバルブは、運転席のシフトレバーとリンクで連結しており、レバーの動きに応じてラインプレッシャをクラッチなどに導き、各レンジの切り替えを行っている。

(2)二つのシフトバルブを組み合わせることで、1速から4速までを自動変速させている。

(4)プレッシャレギュレータバルブは、オイルポンプで発生する油圧を走行状態に応じた最適な圧力(ラインプレッシャ)に調整する。

 

3.

トルクコンバータの性能に関する記述として、適切なものは次のうちどれか。

(1)速度比が0のとき伝達効率は100%である。

(2)カップリングレンジにおけるトルク比は、2.0~2.5である。

(3)速度比は、タービン軸の回転速度ポンプ軸の回転速度を乗じて求めることができる。

(4)速度比が0からクラッチポイントまでの間をコンバータレンジという。

 

【答え】(4)

【解説】

(1)速度比が0ということは、ポンプ軸(入力)は回転しているがタービン軸(

出力)が回転していない状態のことで、トルクは伝達されないので伝達効率は0%である。

(2)トルクコンバータは、クラッチポイントを過ぎるとフルードカップリングと同様なトルク伝達特性を示す。この状態をカップリングレンジと呼び、トルクの増大作用は行われない(トルク比は1)。問題文中のトルク比2.0~2.5は、タービンランナが停止(速度比0)しているときのストールトルク比の一般的な範囲である。

(3)速度比=タービン軸回転速度÷ポンプ軸回転速度

 

トルクコンバータ 速度比     トルクコンバータ トルク比

 

 

今日はここまでです🤗